放課後、ラブホで、先生と。【フルカラー】
第1巻
「ここはそういう場所だろ?」ラブホの●●ルームで先生に押し倒されて…!?どうしよう、逃げられない…!!
※全1巻 全165話-配信中

1話必要GOLD:60G
所有ゴールド/登録コース:0G/お試し

イイネ! (9)


未読話リスト(第1巻)
Noサブタイトル購読
1 私の実家はラ●ホ●ル…え?先生来店!?  
2 逃げられない…!!●●ルームで先生と…  
3 秘密にしてやる。その代わり…  
4 先生に触れられて…ドキドキして勉強できない!  
5 いやらしい夢を見たのは先生のせいですっ…!  
6 先生に会いたい…私が頑張れる理由。  
7 そんなに行きたいなら俺も行く!!―ラブホに同伴出勤!?  
8 もっと俺を頼れ…溢れる涙。  
9 あとは俺に全部任せろ…ベッドに押し倒されて…!!  
10 これくらいなら余裕―先生がラブホでお仕事!?  
11 お前が寝るまで監視してやる…膝枕で…  
12 どうしてこんなに優しくしてくれるの…?先生のキモチが知りたい  
13 先生が好き…はじめてのキス  
14 お前を放っておけない…  
15 補習のおわり…2人きりの時間も…?  
16 2人だけの秘密…先生のラブホ勤務はご法度!?  
17 あいつの顔が頭から離れない…  
18 「お前のためじゃない」…すれ違う気持ち  
19 俺があいつにしてやれること  
20 今の私にはホテルしかない…諦めた夢  
21 波乱の予感!?謎の新人来る…!  
22 オーナーは恋人いないんですか?  
23 はじめてのメッセージ  
24 期待の新人・渡辺雅希くんの正体…  
25 雅希くんの次のお目当ては…私!?  
26 俺とオーナーだけの秘密ですね  
27 先生はもうホテルに関わらないでください……!  
28 それなら俺と付き合います?  
29 頭の中が全部…先生でいっぱい  
30 生徒一人を特別扱いできない…そう思っていたのに  
31 雅希くんに捕まって…メイドさんに変身!?  
32 「お戯れが過ぎますね」先生執事に救われて…  
33 気をつけてお帰りください、お嬢様  
34 先生と雅希くんがラブホで鉢合わせ!?  
35 遠ざけてしまった先生が、今ここにいることが嬉しくて…  
36 ごめんなさい…先生を守りたくて嘘ついたんです  
37 先生寝ぼけてます…!?私は抱き枕じゃありません…っ  
38 先生の胸の中。いい匂いで、あったかくて…ずっとこのまま  
39 雅希くんに手を引かれ…今日は一緒に文化祭デート!?  
40 恋人つなぎなんて…ぜ、全然気にならないっ!!  
41 お化け屋敷の間だけは…手、つないでて  
42 俺と付き合いましょう…今度は冗談じゃなくて  
43 俺のものになってくれたら…ホテルのことは誰にも言いません  
44 叶わないって思うほどに、先生のことが好きになってく…  
45 想い続けるより、想われることが…幸せかもしれない  
46 彼氏として改めてよろしくお願いします、オーナー。  
47 雅希くんと付き合えば、先生を追う苦しさが…まぎれると思った  
48 先生と鉢合わせ。久しぶりの二人きりは気まずくて…  
49 先生、だめです…このまま帰りたくなくなる…  
50 オーナーは今まで会ったどの子とも…違う感じがした  
51 先生、なんで私と渡辺くんのこと…知ってたの  
52 「新鮮でかわいいと思った」まっすぐ褒められたら…照れる  
53 雅希くんを膝枕。触れた感触が…先生とは違う  
54 お前はこのままでいいと思ってるのか?…俺は…  
55 先生に触れられた髪、唇…この気持ち、全然大丈夫じゃないよ…  
56 できれば教師として見守っていたかった…けど、もう無理だ  
57 雅希くんもフラれたら傷つくのかな…本当に私のこと、好きなのかな  
58 雅希くんのまなざしで、本当に想ってくれてるって…わかった  
59 いつも通りの先生に見えたけど…秘密のメモで、まさかのお誘い!?  
60 先生と2人きりのお昼ごはん…!?ドキッとして食べれないよ…  
61 廊下で先生にヒミツの相談ごと。  
62 雅希くんがお家に…!?下着見られて…恥ずかしい  
63 今度は部屋にまで…!?雅希くんにぎゅっとされて…  
64 先生、前みたいに髪をくしゃって…して欲しかった  
65 中庭で雅希くんが添い寝!?みんなに見られて恥ずかしいよ…  
66 キスしたくなるって…こういうことなのかな…  
67 先生がいるのに…雅希くんもホテルに来たいなんて…  
68 もし、あいつのように…俺が教師でなかったら  
69 はっきりしてしまった…もう誤魔化せないこの気持ち  
70 熱い頬にあたる、彼の手はつめたくて…きもちいい  
71 風邪移しのキスに…涙が止まらない  
72 ごめんなさい…私やっぱり、先生が…  
73 こんな時間に先生が…抜き打ちの家庭訪問!?  
74 先生と深夜にお買い物!?ただのコンビニなのに…ドキドキする  
75 人を想って泣けること…それが藤原のいいところだ  
76 寝てる時に服を脱がすなんて…先生の○ッチ  
77 夢じゃなかった…ほんとに傍にいてくれたんだ…  
78 雅希くんのそんな顔…お別れするってこういうことなんだ  
79 昨日も先生に会えたのに…もう恋しくなるなんて  
80 俺も会いたいと思っ…たなんて言えない  
81 先生、そんな噂…ウソですよね…?  
82 先生と実習生が…2人っきりで密会!?  
83 まさか…実習生にラブホで働くの見られてた…  
84 校則を破っただけの問題じゃすまない  
85 斎藤先生…一緒にラブホへついて来てもらえませんか?  
86 先生はやっぱり、あの実習生とデキてるんですか…?  
87 バイトやめたら…俺の人生終わる…  
88 男同士でしか話せないことだってあるから  
89 俺は女装なんてしたくない!!  
90 遂に実習生が来店…!!オーナーを守るために…  
91 仲良しな2人が気になって…大人げなくて嫌になる  
92 ご褒美ってなんだろ…先生ほめてくれるかな…  
93 下心で頑張ったのが…恥ずかしいよ  
94 俺は全部頑張るオーナーを…尊敬してます  
95 「よく頑張ったな」その一言が一番響いて…  
96 ご褒美…何がいいか考えとけ  
97 「よくこける奴だな、お前は」危ないところを抱き寄せられて…  
98 ふいに見上げたら、こんなにも顔が近いなんて…  
99 「大丈夫、かわいいから」さらっとそんなこと言われたら…  
100 俺は…デートのつもりだけど  
101 クリスマスに、水族館で、内緒のデート。  
102 今日はまだ…帰りたくない  
103 寒い夜でも肩寄せあえば…あったかくて  
104 先生も私と…同じだったんだ  
105 今日は…――特別だ  
106 私にはホテルしかないと思ってた…でも違うって先生が教えてくれた  
107 私さみしいです…ひとりの家に戻りたくない  
108 ベッドに押し倒され…何するかわからないって…まさか  
109 ラブホ以外じゃ…そういうことは起きないと思ってるのか?  
110 あの夜交わした、先生の口づけの意味が知りたくて…  
111 あんまり平然としてるから…まさか夢じゃ…ないですよね…?  
112 客室で抱き寄せられて…先生がこんなに積極的なんて…  
113 先生に誤解されてる…!?私の初めては…先生なのに  
114 どうしてホテルに同じ高校の子が…まさか彼女は  
115 この子に先生のこと見られたら…ホテルも私達も終わっちゃう…  
116 どうして俺のクラスメイトのことを聞くんですか?  
117 私、自分からしたんです…先生に…  
118 そういうことなら…もう我慢はしない  
119 あのキスのせいでこんな気持ちにされて…してやられた  
120 ここで働けないなら…あなたと先生のことバラすから  
121 やっぱりラブホは怖いところで…お母さんもきっと…  
122 先生と勉強のお約束。放課後…また会える  
123 先生と一緒だから…ドキドキして集中できない  
124 先生と頑張ったから…早く褒めてもらいたい、早く会いたい。  
125 どうして知ってるの…「先生がラ●ホ●ルで働いてる」って…  
126 先生が学校辞めちゃうかもなんて…そんなの耐えられない…  
127 全部私のせいだ…先生、今どこで何してるの…?  
128 不安で涙が止まらない…こんなこと相談できるのは雅希くんしか…  
129 久し振りに聞けた先生の声「俺は大丈夫」って励ましてくれて…  
130 ここなら心置きなく…ラブホの話できるよね  
131 先生にぎゅっと抱きしめられ…「お前のせいじゃないから」って…  
132 教師を辞めてでも…俺は藤原を…守りたい  
133 居場所のない俺を受け入れてくれたのが…オーナーと、先生だった  
134 ホテルのこと誤解してた…先生を助けるため、私ができることは…  
135 なんとかする方法を考えよう…俺たち3人で  
136 ホテルも先生も守るための計画…もうやるしかない…っ!!  
137 校長室に乗り込んで…「先生は何も悪くありません…!!」  
138 「お願い…信じてください…!!」全てを庇うための嘘で…  
139 だから先生はこんなにも…生徒に慕われているんだろうな  
140 先生に手を引かれ…屋上階段の踊り場に二人きりで…  
141 先生のいない学校なんて嫌だから…今度は私が守りたかったんです  
142 あの二人…まだデキてないみたいだよ  
143 私の欲しいもの…先生とのキス…。  
144 突然渡された旅行のパンフ…ご褒美ってまさか…!?  
145 先生と温泉旅行!下着もきっと…気合い入れなきゃ…!  
146 部屋付露天風呂なんて…先生に見られちゃうじゃん…!!  
147 今日のことは…二人だけの秘密なんだから  
148 うそ…お風呂に先生が…入ってきたの!?  
149 のぼせて介抱されてたってことは…ハ○カ見られちゃった…!?  
150 先生は私のこと…どう思ってるんですか…  
151 特別扱いされたいなんて…手のかかる生徒でごめんなさい  
152 先生に下の名前で呼ばれるたびに…胸がぎゅっとなる…  
153 これからはちゃんと言葉にする…お前が好きだってことを  
154 私を先生の…恋人にしてください  
155 学校で、ただ目配せするだけで…こんなにドキドキするなんて  
156 えっ!?明日がバレンタインデーって…本命チョコどうしよう  
157 外に不審者が…!?先生助けて…  
158 先生の合鍵…本当にこれから一緒に暮らすんだ…  
159 早く先生にチョコ渡さなきゃ…!そう思ってたのに…  
160 前は眺めるだけでよかったのに…今はそれじゃさみしい  
161 私は彼女だから…先生のためにせめて家事だけでも…  
162 先生と一緒にベッドの中…少しでも癒してあげたいから…  
163 なんで竹内先生が、柑奈の「ホテルの極秘資料」を持ってるの!?  
164 友達ん家で料理の練習!!先生に美味しいもの食べて欲しいから…  
165 極秘資料を取り戻す為…竹内先生の車にまで乗り込んで…!?  
第1巻(165ファイル)